会社案内|双信商事株式会社

ENGLISH 双信商事株式会社

メールはこちら

HOME > 会社案内

企業理念

我が国の平和と独立、国民の安全に貢献することを誇りとし、従業員とその家族の幸福を追求する。

双つ信頼を基礎に経営

双信商事は、昭和47年7月創業以来、双つの信頼関係を大切にし、事業を継続してまいりました。
一つは、お客様及びメーカーの方々との信頼関係。
お客様の抱えるミッションへの理解を深め、「内容を把握した製品の提案からアフターフォロー」に至るまで懇切に対応し、もってその遂行の円滑化に尽力するとともに、お客様とメーカーの方々との橋渡し役という信頼を果たすべく協力関係の構築に努めるなど、各方面に対する地道な営業努力を続けてまいりました。
一つは、社内の信頼関係。
「社員は、互いを支える共同体であり、育てるもの」を基本認識として、相互に教えあい、助け合い、この会社に働いて良かったと思う会社を目指し、会社経営を続けてまいりました。
信頼関係は、もろく壊れやすいものと言われますが、その力は何にも代えがたいものであり、双信商事は、信頼関係を基礎に更なる発展に邁進致したく存じます。

会社概要

商号 双信商事株式会社
代表者 代表取締役 山岸 勇二
設立 1972年7月
資本金 10,000,000円
従業員 10人
本店所在地 〒160-0006 東京都新宿区舟町1-18  〉MAP
Tel: 03(5366)0231 Fax: 03(5366)0233
E-mail:postmaster@sooshin.co.jp
主な事業内容 防衛省を対象とした営業企画提案
その他官公庁を対象とした営業企画提案
国内外の商材開発
上記に係る業務一般
その他、官公庁営業に関する事項全般

会社沿革

1972年設立
日立製卓上計算機及び印刷機の販売を開始
防衛庁(当時)各自衛隊に対する共栄社製草刈機(BARONESS)の納入を開始
1973年海上自衛隊・航空自衛隊の補給倉庫立体化に伴い、各自衛隊に対する積層棚の納入を開始
1975年海上自衛隊・航空自衛隊に対する石川島芝浦機械社製ガソリン消防ポンプ・トラクターの納入を開始
1976年防衛庁(当時)各自衛隊に対するIngersoll Security社(英国)製特殊錠の納入を開始(初年度4,000個納入)
航空機小部品保管用自動倉庫及びシステムの開発
1987年海上自衛隊・航空自衛隊各救難部隊用に、ICI石井スポーツ社製並びに Lifesaving Systems社(米国)製の各種救難器材の納入を開始
1988年Submersible社(米国)製緊急脱出用呼吸装置を入荷取得、日本の法令に適合するよう改修し実用化試験を実施
海上自衛隊・航空自衛隊に対する同製品の納入を開始
1990年海上自衛隊の対テロ活動用装備品の一つである立会検査用ボートとして、ZODIAC社(仏国)製RIBボート H-733 IO の納入を開始
2001年航空自衛隊各救難隊用に、ZODIAC社製インフレータブルボート FC-470 の納入を開始
2004年 海上自衛隊に、艦船搭載用消火ポンプとして、W. S. Darley(米国)社製可般式ディーゼル消火ポンプ P-100 の納入を開始
2005年 海上自衛隊に、立会検査用ボート、及び艦艇搭載用ボートとして、ZODIAC社製RIBボート H-733 MIDIO の納入を開始
2006年米国軍 特殊作戦群によるSOF Week及びAPBI Conferenceに参加
2008年陸上自衛隊に、水上機動用ボートとして、ZODIAC社製インフレータブルボート FC-470 の納入を開始
2012年海上自衛隊に、ZODIAC社製RIBボート MACH II(11m) の納入を開始
2013年ISO9001:2008取得(対象範囲:防衛省、その他官公庁及び民間需要に対する国内外の資機材等の営業及び付帯サービス)
2015年 陸上自衛隊にて、ヘリコプターディッチング訓練用として、SSL社ディッチングシステムの導入を開始
2017年 ISO9001:2015取得(対象範囲:防衛省、その他官公庁及び民間需要に対する国内外の資機材等の営業及び付帯サービス)

アクセスマップ

〒160-0006 東京都新宿区舟町1-18 ロイクラトン四谷ビル4F

〒160-0006 東京都新宿区舟町1-18 ロイクラトン四谷ビル4F
Tel: 03-5366-0231  Fax: 03-5366-0233
〉個人情報保護方針 Copyrights (C) Soushin Shouji co., ltd all rights reserved.